• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪など都市部の子供部屋リフォームは融通性が大事

ファミリー世帯の場合、いずれ考えなくてはならないのが子供部屋のリフォームです。東京や大阪のような都会では戸建て住宅もマンションも手狭なケースが結構あるので工夫を要しますが、特に子供部屋のリフォームでは融通性を考えることが大切です。子供は最初1人しかいなくても、いずれは2人、3人と増えていく可能性があります。また性別が違うことも頭に入れておく必要があります。融通性が高い子供部屋とは、将来手軽に分割したり、広さの割合を変更できるようなフレキシブルな空間です。ある程度の広さは絶対条件ですが、盲点になりやすいのが空調と電源です。たとえば3室に分割できても、1室しかエアコンが設置できなかったり、電源が無いという状態では日常生活に不便が生じます。可能であればどの部屋にも窓が欲しいところですが、不可能であれば反射鏡や透明性のある建材を使用したリフォームも可能ですから、工事実績がある業者に相談することが大切です。

子供部屋は広さ、位置、健康建材を考慮

子供部屋のリフォームを行う際には最低でも3点について考慮が必要です。最適な広さ、家族とつながれる位置、健康を阻害しない建材の使用です。広ければよいわけではなく、独立性を確保できれば4畳程度でも十分です。大切なのは子供部屋の位置です。たとえば玄関のそばにあると、帰宅してもリビングルームなど家族団らんのエリアに近づかず自室に直行してしまい、家族とのコミュニケーションに支障が出る可能性もあります。東京や大阪のように地価が高いエリアでは家自体が狭く、子供部屋の確保が難しい場合もあります。そうしたケースでは子供部屋の代用として、廊下の突き当りとか、広いリビングの一角をパーテーションで仕切って子供専用スペースを作るという選択肢もあります。親の側も固定観念に縛られない思考が求められます。また子供部屋に使用する建材はアレルギーの有無も含めて子供の健康管理に寄与するような素材の選択が大切です。現在では子供部屋向けの健康志向の建材も多いので、業者に相談することが重要です。

マンションの子供部屋分割は公平感を重視

戸建て住宅に比べ、マンションのリフォームは建築関係法の制約や管理組合の規定に縛られるので注意が必要です。子供が2人以上いて、部屋を分割することになった場合は、子供たちが不公平感を抱かないような配慮をした設計が大切です。例えば8畳の部屋を2分割するからといって機械的に4畳分ずつのスペースにした場合、片方の部屋は窓があるけれども、片方の部屋は行灯部屋になってしまうことがあります。こうした場合は窓がある部屋はやや狭くすると公平感が生まれます。スペース分配が決まったら、それぞれの内装についても工夫が必要です。子供が成長した後も模様替えで使いやすく変更できるように柔軟な設計にしておくことが大切です。小学生なら必要な勉強机も大学生になると不要になることも多いです。娘であれば成長するにつれてクローゼットを充実させたくなります。一時的には2部屋にするけれども、片方が独立したら1部屋に戻せる設計にしておくといった長期的な視点も必要です。大阪など都会でも地方でも、いつまでも子供が一緒に暮らすわけではないことが多いので、柔軟な設計がのちのち助かります。

ピックアップ記事

リゾート感を満喫できるリフォームを大阪で実現

大阪市の人口は約270万人で面積は約225平方キロメートルです。こうした大都市の地価は一般的に高いですから、普通の住宅は手狭になることもあります。しかし、狭いマイホームでも内装を一新することで気分が大...

大阪など都市部の子供部屋リフォームは融通性が大事

ファミリー世帯の場合、いずれ考えなくてはならないのが子供部屋のリフォームです。東京や大阪のような都会では戸建て住宅もマンションも手狭なケースが結構あるので工夫を要しますが、特に子供部屋のリフォームでは...

大阪などでリフォームする際に役に立つ施工事例集

多くの美容室はヘアカット写真を多数用意しています。カットによってどのようなイメージになるのかが直感的にわかる写真集はお客の判断に役立つからです。大阪のような都市部でも地方でも自宅のリフォームをする際は...

専属アドバイザー選びが重要な大阪のリフォーム

古くなった我が家のリフォームは完成時が楽しみです。貴重なお金を使うのですから不快な思いをしないように気をつけなければいけないのが工期の遅れです。工期が遅れるとストレスが溜まりますし金銭的にもマイナスに...