• このエントリーをはてなブックマークに追加

専属アドバイザー選びが重要な大阪のリフォーム

古くなった我が家のリフォームは完成時が楽しみです。貴重なお金を使うのですから不快な思いをしないように気をつけなければいけないのが工期の遅れです。工期が遅れるとストレスが溜まりますし金銭的にもマイナスになりかねません。工期が遅れる原因は新築時にはあり得ない想定外の事態が判明したり、資材の発注ミスや現場で働く作業員らマンパワーの問題などさまざまです。むしろいろいろなミスが発生することをある程度見込んだ現実的な工期設定を行い、しっかりした工程表を提示してくれる業者は信頼できます。業者が多い大阪のような都市部でも、業者が少ない地方でも、こうしたプロジェクト管理や生産管理を顧客の立場に立って対応してくれる専属アドバイザーがいるような会社であれば安心できます。現場経験があるアドバイザーは現場で起きる問題について最適の解決策を講じてくれますし、完工するまで責任もって対応してくれるので助かります。

工期が遅れる原因は多種多様

リフォーム工事が遅れてしまう原因はさまざまですが、それらの対策を事前に考えておくことで、ある程度トラブルを抑制することができます。第1に、見えない部分の老朽化は必ずあるものだと想定しておくことです。キッチンやバスルームなど水回りの周囲は思った以上に腐食していたり、配管の交換が必要になることがあります。対策として予備日の設定をしておくことが効果的です。第2に現場作業員の確保がしっかりしている施工会社を選ぶことです。工事現場が機能するかどうかは、全体的なマンパワーが過不足なく適正配置されているかどうかにかかっています。人手が足りなければ工事は遅れますし、多すぎても仕事がはかどらないこともあります。第3に資材発注ミスを防ぐシステムを採用している業者を選ぶことです。意外に多いのが規格外の資材発注、発注数のけた違い、納入日の手違いです。必要な資材がなければ作業はできません。大阪のような都市部でも地方でも事情は同じで、この3点だけでもしっかり対応すれば、工期をめぐるトラブルはある程度回避することができます。自社一括工事を基本としている会社であれば安心です。

工期遅れ補償に関する契約書の内容が大事

大阪など都市部には多くの建設業者がいますので、リフォームを依頼する際は、複数の業者に工事費用の見積書、工期計画書などを提出してもらい、納得して発注することが大事です。絶対にやっておくべきことは正確で詳細な契約書の締結です。工期の遅れが発生する可能性があることを前提にするぐらいの認識で締結に臨むと後悔しません。契約書に、工事の遅延が発生した場合の損害賠償の規定がどう記載されているかの確認は特に重要です。リフォーム工事の場合は、思いがけない場所が腐食していたといった想定外の事態が原因で工期が遅れることがあるために、免責事項が記載されていることが多いからです。工事遅延に対する利息支払いが明記されていても、その金額は現実には小さなものです。契約書がすべてを決めるといっても過言ではありませんので、契約する際に発注側の希望に耳を傾けてくれる専属の担当がいる会社であれば信頼できます。

ピックアップ記事

リゾート感を満喫できるリフォームを大阪で実現

大阪市の人口は約270万人で面積は約225平方キロメートルです。こうした大都市の地価は一般的に高いですから、普通の住宅は手狭になることもあります。しかし、狭いマイホームでも内装を一新することで気分が大...

大阪など都市部の子供部屋リフォームは融通性が大事

ファミリー世帯の場合、いずれ考えなくてはならないのが子供部屋のリフォームです。東京や大阪のような都会では戸建て住宅もマンションも手狭なケースが結構あるので工夫を要しますが、特に子供部屋のリフォームでは...

大阪などでリフォームする際に役に立つ施工事例集

多くの美容室はヘアカット写真を多数用意しています。カットによってどのようなイメージになるのかが直感的にわかる写真集はお客の判断に役立つからです。大阪のような都市部でも地方でも自宅のリフォームをする際は...

専属アドバイザー選びが重要な大阪のリフォーム

古くなった我が家のリフォームは完成時が楽しみです。貴重なお金を使うのですから不快な思いをしないように気をつけなければいけないのが工期の遅れです。工期が遅れるとストレスが溜まりますし金銭的にもマイナスに...