aga治療は病院で行えるようになっています

年齢を重ねると髪の毛が少しずつ薄くなっていくことがあります。この少しずつ薄くなっていく症状が、agaの典型的な症状となります。かつては、agaの症状を治療する方法が見つかっていなかったので、医療機関でaga治療を受けることはできませんでした。しかし、近頃では厚生労働省に認可されたagaの症状を治療する医薬品が登場したため、日本でも病院などの医療機関でagaの症状を治療することができるようになっています。agaを治療することができる治療薬は、副作用などを引き起こす可能性があるので、ドラッグストアなどで販売されていません。お医者さんが処方した上で、お医者さんの指示や、用法、用量を守って服用して、agaの症状を治療することが必要になります。

agaを治療する内服薬の働きについて

aga治療に使われる医薬品には服用する内服薬と、頭皮に塗布する外用薬があり、どちらも厚生労働省に認可されている医薬品ですが、agaの症状に対するアプローチ方法が異なります。内服薬の方は、agaの症状を引き起こす原因となっている活性男性ホルモンが生成されるのを抑える働きがあります。活性男性ホルモンは、髪の毛が太く育つための成長期を縮めてしまう作用があります。そのために、髪の毛が充分に太くなる前に成長期が終わり抜けてしまうため、髪の毛が薄くなってしまうのです。内服薬は、agaの原因となっている物質を直接抑えているので、治療できる効果が比較的高いとされていて、agaを治療する病院では、まず、内服薬を処方して様子を見るのが一般的な治療方法となっています。

agaを治療する外用薬の働きについて

aga治療のための内服薬を処方してもらい、服用を継続することによって経過を観察した結果、発毛の効果が予想より得られていない場合は、頭皮に塗布する外用薬を併用することが検討される場合があります。agaの症状は、髪の毛に充分な酸素や栄養素が届けられていないことによっても引き起こされている可能性があります。外用薬の方は、頭皮に張り巡らされている毛細血管の血液の流れを良くすることによって、髪の毛に充分な酸素や栄養素を送り届ける効果を得ることが期待できます。外用薬は、服用して有効な成分を身体の中に取り込まないので副作用を引き起こすリスクが内服薬よりは少ないので、病院だけでなく、薬剤師さんなどが常駐している薬局や、ドラッグストアなどで購入することもできます。

円形脱毛症など様々な脱毛症のひとつがagaです。 メスや注射を使用しない治療を行います。 aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 将来のために遺伝子検査だけを受けることも可能です。 池袋AGAクリニックは、複数の薬を組み合わせた治療で発毛を促します。 無料カウンセリングを行っています。 【aga治療】まずは悩まず病院へ